肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは


肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは 詳細はこちら
みなさん、こんにちわ。

エロ漫画立ち読み放題の管理人のポンタです。

近所では「肝っ玉母さん」と評判の俺の母親。曲がったことが大嫌いで悪いことをしたら誰だろうと容赦なくゲンコツ制裁。

そんな怖いところもあるけれど頼りになる母さんを俺は尊敬していた。

でもその母さんがまさかアイツの前では情けなく媚を売って、肉付きの良い身体を貪られるような激しい交尾に耽っていたなんて――街で小さな商店を営む大沢家の母・恵美子(42歳)。

彼女は持ち前の面倒見が良い性格から、近所の悪戯坊主・タツヤの世話を焼いていたが…ある時彼に肉体を求められ、断りきれず一夜の過ちを犯してしまう。

若いペニスで熟れた身体を屈服させられ忘れていたメスの悦びを呼び覚まされた母は、その後も求められるままに家族に隠れて不貞関係を重ね…やがては自らの残り少ない卵子を全てこのオスに捧げたいとまで願うようになり!?


肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは 詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.