小説の書き方を指導してたら


コミなび詳細はこちら
みなさん、こんにちわ。

マンガコミック読み放題の管理人のポンタです。

「先生のご指導、受けたいんです…」男の手でぐちゅぐちゅにされ、感じたことのない快感に身悶える教え子のアソコに───!!

元小説家志望で教師の俺は、文芸部・武田ゆうかに小説の才能を感じ、想像だけでなく体験してみるよう彼女にアドバイス!すると「お手伝いを…お願いします、先生!」と頼まれるが、彼女が書いていたのは官能小説で───!?

生徒に手を出せるわけがない…と断るものの、熱心に指導を頼みこむ彼女に負け、結局引き受けてしまう。

あくまで真似ごと、少し触れるだけ…。

ゆうかの小説を再現しながらその尻を、胸を揉みしだいていくが、愛撫に感じ濡れていく彼女に、お互い我慢の限界を超えて…!!

「せんせい…私…、もう…ダメぇぇ!!」


コミなび詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする