満淫電車の姫君~見知らぬ男たちの熱い凶棒~


満淫電車の姫君~見知らぬ男たちの熱い凶棒~詳細はこちら
みなさん、こんにちわ。

エロ漫画立ち読み放題の管理人のポンタです。

「私もう…普通のセックスじゃ満足出来ないのっ…!」

彼とのエッチは好きだけど、何だか物足りない。

もっといろんなことしたいのに――。

欲求を募らせる花音(かのん)の気持ちとはうらはらに、女性に貞淑さを求める彼はいつも必要以上に身体を求めてこない。

ある夜、電車に乗り込んだ花音は、満員電車で身動きの取れない中、背後に忍び寄る見知らぬ男に身体をまさぐられる。

抵抗しようとするも、欲求不満の花音は痴漢の淫らな指遣いに疼く身体を抑えきれず、声を漏らしてイッてしまう。

「ここに書きこめば、もっと気持ちよくしてあげるよ…」

そうささやき去っていく男の残したメモには、<痴漢サイト>のURLが記されていた…。


満淫電車の姫君~見知らぬ男たちの熱い凶棒~詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする